【郡山のママより】福島県中地域、特に福島市から郡山市にかけてのエリアは、降り注いだ放射能の影響で、原発から近い避難エリアである南相馬市より、放射線量が高くなっております。市の方では、校庭の表土除去をして、半減期が30年であるセシウムの除去をいち早く実行してくれました。しかし線量が低いエリアはまだ、手付かずの状態です。空間線量は徐々に低くなってきているものの、表土の線量はまだ高い状態です。我が家では、少しづつではありますが、草をむしったり、コンクリートを洗ったりと除染に励んでおります。郡山は福島県の中心部に位置し、海も、山も近く非常に便利がよく自然豊かな素敵な町でした。しかし、今では、放射能に汚染され、「タンポポがきれい」と喜んで走っていく娘を制止してしまいます。少なからず、私達は被爆しております。ニュースなどで一部の心無い方の行動などが報道されると、涙がでます。福島県は見放されてしまったのでは?冷静に考えますと、福島市や郡山市は人口も多く避難エリアに指定などとなると、福島県がパニック状態というか機能しなくなってしまうと思います。20ミリシーベルトの問題や色々な問題に直面しつつ、どうしたら我が子を守れるか。 周りでは、自主避難も多く他県への避難が増えてきております。我が家も考えましたが、父親と離れる問題、さらに転校を拒む子供を無理に避難させ、与えてしまったその壁を子供達が超えられないのでは…という心配もあります。 長くなってしまいましたが、福島県は、原発の収束なくして復興の兆しすら見えません。さらに収束してからの問題も多く残された状態です。 週末は、できるだけ、空気のきれいな場所へと遠出しておりますが、本当に悲しくなってしまいます。 これから夏休を控え、その夏休み期間をめいいっぱい使って、遠くで子供達と過ごせたらと考えております。 周りでも温度差はあるものの、夏休は遠くで過ごしたいというお友達も多く、もし、使われていないご自宅や、空家があれば自由に使わせていただければ幸いと思い、キズナに投稿させていただきました。 被災者優先で…というコメントがありますが、目に見えない放射能と戦っている、私達も被災者と同じです。 震災直後から、原発を懸念し春休み中は、自費で避難生活をしておりました。 かなりのコストもかかりましたが、安全な場所でひと時でも過ごせたことは、子供達にも良かったと考えております。 地震の影響は、宮城県や岩手県に比べれば、少ないものの内陸の郡山でさえ、新学期の始まりは遅くなりました。 暑い教室は締め切ったまま、扇風機でしのぐ予定です。もちろん郊外活動もプールも中止です。 みなさん、福島県を助けてください。2011.5.22